[宅配クリーニング/使い方]賢く利用する3つのポイント

宅配クリーニングの使い方

宅配クリーニングの賢い使い方は、上記の3つのポイントを押さえておくと良いですよ。

とくに専用の洋服を入れるバッグは各社大きさが違うので、洋服が入る量が異なることを知らない人も多いです。

あとは、洋服ごとの単価を下げる方法や保管付きで自宅の収納スペースが広がるのも上手に使うポイントです。

↓上記3つのポイントを満たした宅配クリーニングはこちら↓

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングの便利な使い方1.集荷バッグの大きさをチェック

宅配クリーニングの使い方1

宅配クリーニングの上手な使い方で一番重要なのが実は集荷専用バッグの大きさです。

というのも、定額パック(詰め放題)コースを注文すると、洋服を入れる専用のバッグが送られてくるのですが、実はそのバッグに入る洋服しか受け付けてくれないのです。

ということは、いくら詰め放題だからといって、かさばるダウンジャケットをたくさん入れようと思っても、バッグに入らなければ意味がないということになります。

この点は宅配クリーニング各社の公式サイトを見ても、バッグの容量や大きさを書いているところと、写真はあるけど大きさがイマイチわからないところがあるのでしっかり見極めたいところです。

宅配クリーニング最大級の90Lバッグで詰め放題のリナビスはこちら

宅配クリーニングの便利な使い方2.定額パックで単価を下げよう

宅配クリーニングの使い方2

宅配クリーニングは1着から注文できる「単品注文型」と、決まった数量の洋服を定額で詰め込める「定額パック型」があります。

単品注文の場合は洋服1点ごとに単価が決まっているので、適正価格でクリーニングができます。逆に言えば近所のクリーニング店とそれほど価格差はなく、自宅から注文できるので便利ではありますが、とくにお得ではありません。

おすすめは「定額パック型」で、例えば5点5,000円だとすると、1点あたり1,000円の単価になります。ワイシャツなど薄手の衣類を入れると単価は高いですが、ダウンジャケットを5着入れたらどうでしょう。

ダウンジャケット1点あたり1,000円の単価になり、一般的なクリーニング店の相場より大幅に安く利用できます。とくに冬物などのアウターをクリーニングに出す衣替えの時期には定額パックがお得になります。

ダウンジャケットも詰め放題のリナビスはこちら

宅配クリーニングの便利な使い方3.保管付きでクローゼットスペースを広げよう

宅配クリーニングの使い方3

宅配クリーニングの上手な使い方で「保管付きサービス」を利用する方法もあります。

保管付きサービスは、預けてクリーニングされた洋服を次のシーズンまで6ヵ月~11ヵ月間保管してくれるサービスです。

冬物のコートやダウンなどを保管サービスを利用すれば、自宅のクローゼットの収納スペースが広がります。また、自宅で洋服を保管する場合、意外に虫食いや湿気などに気を付ける必要がありますが、宅配クリーニングの保管室なら洋服にとって適切な環境に調整されているので安心して任せておけます。

保管サービスは宅配クリーニング各社によって、別料金だったりするのですが、無料で付けているところもあります。保管サービスを利用して、自宅も洋服もスッキリ綺麗にしたいですね。

保管も無料で付いてくる宅配クリーニングリナビスはこちら

[宅配クリーニング/使い方]依頼する方法

宅配クリーニングの使い方は、一般的なクリーニング店とは少し違うので初めての場合はわからないこともあるでしょう。

大きな違いは注文方法です。クリーニング店では洋服を持ち込んで、その場で検品して料金を支払い、後日仕上がった洋服を取りに行くという流れですが、宅配クリーニングはスマホやパソコンで注文します。

洋服は配送業者がクリーニング工場に持っていってくれて、クリーニング工場で検品、洗い、乾燥を経て、仕上がった洋服は再度配送業者によって自宅に運ばれます。

今までのクリーニング 宅配クリーニング
注文 店舗へ直接持ち込み スマホかパソコン
持込み 店舗へ直接持ち込み 配送業者が持っていく
検品 店舗の受付で クリーニング工場で
洗い 店舗または工場 工場
返却 店舗へ取りに行く 自宅に配送業者が届けてくれる
支払い 受付時に払う 注文時にクレジットカード、または代金引換など

宅配クリーニングはスマホやパソコンを使って自宅から依頼

宅配クリーニングの利用方法は、自宅でスマホやパソコンから行います。

普通のクリーニング店に出すときとの違いは、事前に洋服の分類を自分で行うということです。とくに単品で送る場合は、宅配クリーニング業者に洋服が届いたときに検品されて、洋服の種類が分類されます。

パックで送る場合は、洋服の種類は問わず(取り扱い不可もありますが)、数量さえ守っていればいいのでわかりやすいです。

宅配クリーニングに出すときの洋服の梱包方法

宅配クリーニングを利用するには洋服を梱包します。

梱包は宅配クリーニング業者によって異なりますが、自分で用意した段ボール箱や、宅配クリーニング業者から送られてくる専用バッグに入れることになります。

詳細な梱包方法は宅配クリーニング各社の公式サイトのQ&Aなどに書かれていますが、基本的にはボタンやファスナーは開けたままで、軽く畳んでおけばOKです。

気を付ける点としては、一般的なクリーニング店のように対面で洋服を検品しないので、梱包する前に洋服の状態を入念にチェックしておくことです。あとで、ボタンが無くなっていたなどのトラブルがあった場合に、梱包する前にボタンが付いていたのかどうかは「付いていた」「付いていなかった」などの食い違いが出る可能性があります。

同様にどこにどんな汚れがあるのかなどもチェックしておき、汚れがひどいものについては洋服に指示書をしっかり付けるということをしておけば、綺麗な仕上がりになります。

専用バッグの大きさをチェックしておく

宅配クリーニングのパックタイプでは、洋服を梱包するための専用バッグが送られてくる場合が多いです。

実はこの専用バッグがポイントで、パックタイプの場合は専用バッグに入る洋服しか受け付けてくれないことがほとんどです。

かさばるダウンジャケットやコートばかり入れようとしても、専用バッグが小さければ結局全部入らずに、仕方なく薄手の洋服や小物を入れる羽目になることもあり得ます。

そうすると思ったように利用できずに困ってしまいます。

注文するときには専用バッグがどれくらいの大きさなのかを、公式サイトで見ておくか、問い合わせるなどをすると失敗しません。

宅配クリーニング最大級の90Lバッグで詰め放題のリナビスはこちら

初めて利用する場合

宅配クリーニングを初めて利用する場合で、専用バッグが必要な場合は、注文から3日間ほどで「集荷キット」が送られてきます。

集荷キットには、洋服を送るための「送り状伝票」「利用方法のガイド」「申込書」「専用バッグ」「結束バンド」などが入っています。

利用方法のガイドをよく読んで、その指示通りに専用バッグに洋服を詰め込みます。そのほか申込書や汚れ箇所を書いた指示タグなどを一緒に入れて、ファスナーを締めて、結束バンドで開封しないように留めます。

最後に専用の送り状を貼って梱包は完成です。

2回目以降(リピート)の場合

宅配クリーニングを1度利用したら、洋服の返送時に次回の利用に使う「送り状伝票」「申込書」「結束バンド」が同封されています。

返送時に使用されている専用バッグに洋服を詰め込み、申込書などを入れて、送り状を貼れば完成です。

2回目以降は同じ専用バッグを使用するので、集荷キットが送られる時間や手間がなくなり、その分割引してくれる場合もあります。また、ポイントが貯まったり、会員になればお得なクーポンなども手に入ることがあるのでチェックしましょう。

1点からの単品で出す場合の梱包

1着から出せる単品型の宅配クリーニングの場合は、自分で段ボール箱や袋などを用意して梱包することもあります。

段ボールはスーパーやホームセンターなどで無料でもらえるものを利用すればいいでしょう。段ボールが汚れている場合は、ごみ袋のような大きなビニール袋に洋服を入れてから段ボールに梱包すれば汚れずに梱包できます。

また、洋服が多くても箱を複数個に分けないこともポイントです。箱が複数個になると送料は箱の数だけかかってしまうので、送料の負担が大きくなってしまいます。

単品型の宅配クリーニングでは、洋服の検品がクリーニング工場で行われるので検品に立ち会うことができません。自分がワイシャツだと思っていたものが、シャツやブラウスと分類されたり、ハーフコートだと思っていたものがロングコートと分類されたりすることもあるので、事前に洋服の種類をしっかり確認しておくことが大切です。

定額パック(詰め放題)で出す場合の梱包方法

定額パックで洋服を梱包する場合は、ライナーやフード、ベルトなどの付属品が点数にカウントされるのかどうかを確認しておく必要があります。

宅配クリーニング業者によっては、コートとライナーで2点とカウントするところもあれば、同じ洋服なので1点とカウントするところもあります。

また、専用のバッグにきっちり入りきらないと受け付けてくれないので、かさばる洋服はできるだけコンパクトに畳んで全部入るように工夫することも大切です。

宅配クリーニング最大級の90Lバッグで詰め放題のリナビスはこちら

[宅配クリーニング/使い方]洋服の発送方法

宅配クリーニングの使い方では、洋服の出し方、つまり発送方法が各社異なるので事前に調べておく必要があります。宅配クリーニングへ洋服を発送するには、梱包した洋服を宅配業者に集荷をしてもらう必要があります。

専用の送り状がある場合は、送り状に書かれた集荷専用の電話番号に電話するか、配送業者の公式サイトなどからスマホで依頼します。

送り状伝票が手元に無い場合は、宅配クリーニングの公式サイトから集荷依頼をするようになっていて、集荷の際に専用の送り状を配送業者のスタッフが持ってきてくれます。

宅配クリーニングによって提携している配送業者が異なるので、集荷連絡する際は注意しましょう。また、注文せずに勝手に発送するのもNGなので気を付けましょう。

ヤマト運輸の集荷の使い方

単品注文型の宅配クリーニングなど、注文時に集荷の申し込みもできる場合は、それまでに洋服を梱包しておけば指定の時間に送り状を持って集荷に来てくれます。

定額パックの宅配クリーニングの場合は集荷キットに送り状が入っているので、自分で集荷の連絡をして都合の良い日時に集荷に来てもらうか、ヤマト運輸の営業所に持っていきます。

自分で集荷依頼する場合は、電話・WEB・アプリという3つの方法があります。

集荷依頼方法
電話 固定電話から0120-01-9625
受付時間(8時~21時)
WEB ヤマト運輸WEBサイトより申し込み
アプリ iOSおよびAndroid端末にクロネコヤマト公式アプリをインストールして申し込み(クロネコメンバーズ登録が必要)

集荷可能な時間帯と集荷依頼受付締切時間が決まっているので注意してください。

集荷指定可能な時間帯 受付締切時間
13:00まで 当日10:00まで受付
14:00~16:00 当日14:00まで受付
16:00~18:00 当日16:00まで受付
17:00~18:30 当日17:00まで受付

※時間はエリアや地域によって異なるので詳しくは問い合わせてください。

ちなみに洋服が戻ってくるときのお届け日時や再配達などは、LINEでも申し込み可能です。

佐川急便の集荷の使い方

佐川急便に集荷の依頼をする場合は、電話とインターネットの2つの方法と、営業所に持ち込む方法があります。

電話をする場合は自宅の地域の担当営業所に直接連絡しなければいけません。担当営業所は佐川急便の公式サイトから検索できます。

>>担当営業所検索|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

インターネットで集荷を申し込む場合は、佐川急便のWEBトータルサポートのページから依頼することができます。その場合は佐川急便のユーザーIDの登録が必要になります。

>>佐川急便のWEBトータルサポート

頻繁に佐川急便の集荷を利用するなら登録してもいいですが、利用頻度が低い場合は電話で集荷依頼するのが簡単です。

佐川急便は返送時に利用されることが多いですが、集荷サービスなどはやや使いにくいので発送時に利用している宅配クリーニングはあまりありません。

日本郵便(ゆうパック)の集荷の使い方

日本郵便に集荷を依頼する方法は、電話とインターネット、郵便局への持ち込みがあります。

電話の場合は以下の電話番号にかけて集荷を依頼します。郵便番号を入れることで担当郵便局につながるようになっています。

集荷専用電話番号

0800-0800-111(固定電話・携帯電話共通)
受付時間は担当郵便局により異なります。

インターネットの場合は日本郵政のWEB集荷サービスへアクセスして、必要事項を入力して申し込みができます。

>>Web集荷サービス

集荷指定可能な時間 受付締切時間
8時~13時 7時までの受付
13時~15時 ~12時までの受付
15時~17時 ~14時までの受付
17時~19時 ~16時までの受付

送り状がある場合は、お近くの郵便局に持ち込むことで集荷の依頼ができます。

コンビニに持ち込む場合

リピート利用や集荷キットの受取りで送り状が手元にある場合限定ですが、コンビニに持ち込んで発送することができます。(送り状が手元に無い場合はコンビニに持ち込むことはできません)

コンビニに持ち込むメリットは、配送業者の集荷時間内でなくても24時間発送が可能という点になります。

配送業者によって利用できるコンビニが異なるので、依頼した宅配クリーニングがどの配送業者と提携しているのか確認してから持ち込みましょう。

ちなみにコンビニなどには持ち込み割引などがありますが、宅配クリーニングの場合は送料を宅配クリーニング側に支払うので特典は受けられません。

【持ち込みできるコンビニ一覧】

日本郵便ゆうパック ヤマト運輸 佐川急便
セブンイレブン × ×
ローソン × ×
ファミリーマート × ×
ミニストップ × ×
デイリーヤマザキ × ×
セイコーマート × ×
ポプラ × ×
セーブオン × ×
ニューデイズ × ×
郵便局 × ×

直接店舗へ持ち込むのは不可

宅配クリーニングの業態を運営しているのは、IT企業だけでなく、実店舗を持つクリーニング店の場合もあります。

宅配クリーニングを運営している店舗が自宅の近くにあった場合、洋服を持ち込むことはできますが、それは宅配クリーニングとしてではなく通常営業のクリーニング店としてのサービスを利用することになります。

つまり宅配クリーニングとしての料金やシステムを利用できないので、店舗に掲載されている単価になりますし、定額パックなどもありません。

自宅近くに宅配クリーニングの工場があったとしても、宅配業者に洋服を預けなければ受け付けてくれないので注意してください。

人気の宅配クリーニングはこちら

[宅配クリーニング/使い方]洋服の受け取り方法

宅配クリーニングに預けた洋服が仕上がったら、クリーニング工場から配送業者に手渡されて、自宅に届けられます。

基本的には注文時に決めた納期で発送されますが、洋服の種類やオプション加工によっては遅延する場合もあります。日時指定や時間指定をしておけば、自分の都合の良い時に受け取れるので便利です。

また、各配送会社の会員登録サービスなどを利用している場合は、配送途中に日時変更できたり、コンビニでの受け取りや営業所止めなどにも変更することができます。

受取時にはすぐに開封して、仕上がり状態をチェックしましょう。シミが綺麗に取れているか、付属品や装飾品、ボタンなどに欠けがないかなど入念にチェックして、万が一納得がいかない場合には速やかに宅配クリーニング業者に連絡して再仕上げなどを行ってください。

宅配ボックスで受け取る方法

仕事などで外出中(留守中)でも宅配物を受け取れるのが宅配ボックスです。最近のマンションには設置されていることが多く、いつでも荷物を受け取れるので便利です。

宅配クリーニングの返却でも宅配ボックスに入れてもらえますが、注意点もあります。

例えば洋服が多く荷物のサイズが大きくなった場合は、宅配ボックスに入らないことがあるので、不在扱いになることがあります。また、宅配ボックスギリギリのサイズの場合、押し込めて入れられると、ふんわり仕上がった洋服が圧縮されてぺちゃんこになる可能性もあります。

宅配ボックスを利用する場合は、出した洋服が収まるサイズかをしっかり確認して、サイズが合わない場合は対面で受け取るようにスケジュールを調整しましょう。

不在連絡票で再配達依頼して受け取る方法

配送を指定した日時にやむを得ず受け取れなかった場合には、配送業者から「不在連絡票」がポストに投函されます。

不在連絡票の指示にしたがって、速やかに再配達の連絡をしましょう。基本的には配送業者の保管期間は7日間ですから、それを過ぎた場合は発送元であるクリーニング工場へ戻されてしまいます。

戻された洋服は再度送料をかけて発送することになるので、その分の送料は利用者の負担になってしまいます。

また、配送業者に保管される場合、倉庫の温度や湿度によっては洋服に悪い影響を与えてしまう場合もあるので、できるだけ早く再配達してもらうようにするのが洋服にとっても大切なことです。

[宅配クリーニング/使い方]保管サービスの上手な使い方

宅配クリーニングには「保管サービス」を行っているところもあります。保管サービスはクリーニングで洗った洋服を任意の期間(3か月~11ヵ月間)預かって保管してくれるというものです。

例えば衣替えしたい冬服を4月にクリーニングに出して保管サービスを利用し、次の冬シーズンが始まる11月頃に届けてもらうということができます。

保管サービスのメリットは、冬物のかさばる洋服を預けることで、自宅のクローゼットやタンスの収納スペースが広くなることです。また、虫食いや湿気などに気を遣うこともないので、防虫剤などの使用が少なくなります。

宅配クリーニングによっては、保管サービスを別料金で分けているところもあるので、保管サービスの有無を確認して注文するようにしてください。

保管サービスのメリット
  • 自宅のクローゼットやタンスのスペースが空く
  • クローゼットの湿気取りや防虫剤が減る
  • 洋服に最適な環境で保管してくれるので服の寿命が延びる

関連記事:宅配クリーニングのコスパと保管で選ぶ人気5社比較

[宅配クリーニング/使い方]納期を事前に知っておくことが大事

宅配クリーニングの使い方のポイントとなるのが「納期」です。クリーニング店に持ち込んだ場合は、ワイシャツなら早くて当日に仕上がることもありますし、ワイシャツとコートを出しても別々に受け取ることも可能です。

しかし、宅配クリーニングは配送業者を経由して洋服を運搬するので、基本的にはまとめての返却となります。したがって、納期に時間がかかるダウンジャケットやオプション加工を依頼していると時間がかかります。

宅配クリーニングを使う場合は、急ぎで必要な洋服に関してはおすすめしません。仮に納期が指定できたとしても、当日の交通事情などで配送業者が遅延を起こす場合もありますし、行き違いで洋服を受け取れない可能性もありますからね。

宅配クリーニングの最短納期は早くても5日後

宅配クリーニングは配送業者が間に入るので、納期はどの業者も遅めに設定しています。

通常の洋服であれば、クリーニング工場に洋服が到着してから5日間というのが最短の納期になっています。これは仕上がった洋服を発送した場合に、クリーニング工場から遠いエリアで到着まで2日ほどかかることを見越しているためです。

それを考えると5日間というのは、実質クリーニングの洗いから乾燥までを2日で仕上げることになるので、そんなに遅くは無いと言えます。

ただし、これはワイシャツやコートなど一般的な衣類の場合であり、特殊な素材の洋服やオプション加工などを指定すると、その分最短納期は遅くなるので注意してください。

地域エリア限定で翌日仕上げもある

宅配クリーニングのリネットでは、宅配クリーニング業界で初めて翌日納期という最速クラスのスピードを実現しています。

一般的な洋服でプレミアム会員で、かつ対応エリア内(現在は東京23区限定)であれば、納期が翌日ということも可能になります。

早朝や夜間にも集配が可能になっていて、地域に密着した小さな運送業者と提携することで実現しています。忙しいビジネスマンや子育てで忙しいママにとって便利なサービスとなっています。

宅配クリーニングは年末年始の使い方に注意

一般的なクリーニング店でも年末年始やお盆などの夏季休暇、ゴールデンウイークなどは休業している場合があります。

宅配クリーニングはインターネットで受け付けるネットショップのような業態なので、年中24時間注文は受け付けています。ただ、クリーニング工場には休暇があり、たいていの場合年末年始はクリーニングの業務はストップしています。

その期間には納期が大幅に遅れることになるので、事前に公式サイトなどで休暇期間を調べておく必要があります。

人気の宅配クリーニングはこちら