[宅配クリーニング/相場]安く利用する3つのポイント

安く利用するポイント

「宅配クリーニングがよくわからない・・・」

「宅配クリーニングって割高なイメージがある・・・」

そんな人も多いと思いますが、宅配クリーニングの仕組みをうまく利用して、上記の3つのポイントを押さえれば一般的なクリーニング店より場合によっては安く利用できますよ。

とくに冬物アウターが家族分たくさんある場合なんかは、保管サービス付きの定額パックコースを利用すればクローゼットもスッキリだし財布にも優しくて大助かりです!

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングの相場より安くするポイント1.アウター多いなら定額パック

アウター多いなら定額パック

宅配クリーニングは「衣類5点パック5,000円」や「衣類10点パック10,000円」のような料金定額で注文できるものがあります。

定額パックは決まった数量までならどんな種類の衣類を入れても値段が定額になります。ということは、一般的にクリーニング単価が高い冬物のコートやダウンなどのアウターを入れるとお得になります。

コートやダウンジャケットは1点あたり1,000円~2,000円以上するものもありますから、1着1,000円以下で利用できるとすればお得ですよね。

冬物アウターの場合は家族が多いと出す洋服も多くなるでしょうから、定額パックの数量分は埋まるでしょう。全部アウターにしなくても、一部スーツやセーターなどを入れても十分に元は取れます。

さらに保管付きの定額パックにすれば、冬物アウターを次の冬まで8~9か月間保管してくれるので、自宅のクローゼットもスッキリしますよ。

>>保管が無料の定額パックが利用できる「リナビス」はこちら

宅配クリーニングの相場より安くするポイント2.シャツや小物は単品注文

シャツや小物は単品注文

宅配クリーニングでもアウターばかりでなく、シャツやブラウス、スカートなど薄手の衣類を出したいときもありますよね?

定額パックに単価の安い薄手の洋服を入れてしまうと、ちょっと割高になってしまいます。

そういう場合は一般的なクリーニングと同じように、洋服ごとに適正な料金が決まっている「単品注文」タイプの宅配クリーニングを利用しましょう。

単品注文なら、シャツはシャツの単価、スカートはスカートの単価が決まっているので、クリーニングの合計金額が最適化されます。

ある程度数をまとめて、合計金額を一定以上にすれば送料無料にもなりますよ。

>>初回50%オフで利用できる単品注文の「リネット」はこちら

宅配クリーニングの相場より安くするポイント3.まとめて送料無料にしよう

まとめて送料無料にしよう

宅配クリーニングを安く利用するには送料無料が必須です。

というのも、宅配クリーニングは自宅からクリーニング工場へ送る送料と、クリーニング工場から自宅へ返送される送料の往復分の送料が必要になるので、実費負担となると高額になってしまいます。

定額パックコースの場合は、まとまった数を送る必要があるので送料無料が多いですが、単品注文の場合は「3,000円以上送料無料」や「5,000円以上送料無料」など、合計金額によって送料無料になる場合が多いです。

とくに単品注文の場合は自分で洋服を仕分けして値段を計算する必要があるので、事前にしっかりチェックしておかないと送料無料の合計金額に満たなくなってしまって、あとで送料負担になるということがあります。

>>送料が心配なら定額パックのリナビスを利用しよう

[宅配クリーニング/相場]衣類の種類別価格帯

クリーニングの相場は料金表を見ればわかります。ホワイト急便や白洋舎など一般的なクリーニング店であれば、公式サイトでも料金表を見ることができます。

同じように宅配クリーニングでも料金表がありますが、定額パックと単品注文の2種類の注文方法があるので、価格はそれぞれ異なります。

定額パックコースは、10点10,000円のように価格がすでに決まっていて、クリーニングに出したい洋服を10点、種類を問わず入れることができます。

この場合は単価1,000円ということになるので、その価格で納得できるかがポイントになります。ダウンジャケットやコートなど、アウターを多めに入れるとお得に感じますし、ブラウスやワイシャツなどを多く入れると割高に感じることもあります。

単品注文の場合は、洋服の種類によって単価が決まっているので、クリーニングに出したい洋服の単価を合計した金額がクリーニング代金ということになります。こちらは一般的なクリーニング店と同じですが、数量によっては往復送料がかかることもあるので注意したいところです。

関連記事:宅配クリーニングの賢い使い方

宅配クリーニングの衣類ごとの料金相場

宅配クリーニングでも単品注文では、衣類1点ごとに単価が決まっています。そして、クリーニング代金は衣類の単価の合計で算出されます。

単品注文の場合は、合計金額が一定以上で送料無料となる場合が多く、それ以下の金額だと往復送料がかかってしまいます。往復の送料は1500円~2000円前後かかってしまうので、単品注文の場合はある程度の数量をまとめて送らないと割高になります。

定額パックコースと違うのは、衣類ごとに適正な単価が設定されているので、単価の安いワイシャツやネクタイなどの小物を出すのに向いています。

また、宅配クリーニング各社で種類によって単価も違います。ワイシャツは高いのにコートが安かったり、ダウンジャケットは安いのにスーツが高いなど、自分が出したい種類の衣類が安いところを選ぶのがポイントになります。

ワイシャツの宅配クリーニング料金相場

ワイシャツのクリーニング代

宅配クリーニングのワイシャツの定義は、男性がスーツなどの下に着用するもので、ネクタイを付けることを前提としているビジネス用のシャツです。紳士服売り場でスーツと一緒に販売されているものが、宅配クリーニングではワイシャツにあたります。

一方同じ見た目でも柄が入っていたり、デザインに特徴があるボタンダウンのシャツは、宅配クリーニングでは単に「シャツ」に分類されることが多いです。

ワイシャツはクリーニング店では一番出されている洋服のひとつで、価格設定も一番安いことが多いです。

シャツとワイシャツは同じ料金にしているところもあれば、異なる料金のこともあるので確認しましょう。

ワイシャツ 冠婚葬祭やビジネスで使用するネクタイ着用を前提としたボタンダウンシャツ
シャツ ネルシャツ、ドレスシャツ、開襟シャツ、その他ステッチやフラップポケットなどデザイン性が高いシャツ
宅配クリーニングのワイシャツ料金の相場

ワイシャツ・・・220円~300円
シャツ・・・290円~600円

ブラウスの宅配クリーニング料金相場

ブラウスのクリーニング代

女性もののボタンダウンのシャツはクリーニングの料金表で「ブラウス」に分類されることが多いです。

女性の場合はスーツでも中に着るシャツは、装飾性の高いものも多いので、ブラウスでひとまとめになっていると考えられます。

以下の相場は基本的には無地のシンプルな場合で、フリルやレース、ビーズ・スパンコールなどの装飾品が付いていたり、シルクや麻などの特殊な素材は別料金になることがあります。

宅配クリーニングのブラウスの料金相場

ブラウス・・・500円~600円

スーツ上下・スラックス・スカートの宅配クリーニング料金相場

スーツのクリーニング代

スーツのクリーニング価格はジャケットのみ、ズボン(またはスカート)のみと分かれている場合と、上下セットで価格設定されている場合があります。

クールビズなどの夏場はズボン(スラックス)のみをクリーニングに出すことがありますが、上下セットで出すことで風合いを同じに保つことができます。

基本的にはドライクリーニングになりますが、汗抜きや撥水加工などのオプションを付けると追加料金が発生します。ワイシャツ同様クリーニングでは頻繁に出される種類の衣類なので、価格設定は安めになっています。

宅配クリーニングのスーツの料金相場

上下セット・・・1500円~
スーツ上・・・700円~
スーツ下・・・550円~

パンツ・ズボンの宅配クリーニング料金相場

パンツのクリーニング代

スーツとセットのスラックス以外のズボンは、宅配クリーニングの料金表では「パンツ」に分類されます。

パンツは丈の長さや素材によって価格が異なります。丈の短いショートパンツやホットパンツ、ジャージ素材やスウェット素材、デニム素材にオーバーオールのパンツなど、クリーニング業者によっては細かく価格設定をしている場合もありますし、まとめて「パンツ」として同料金にしているところもあります。

パンツを宅配クリーニングに出す場合には、料金表をよく見て、価格がいくらなのか、事前に見極める必要があります。

宅配クリーニングのパンツの料金相場

パンツ・・・550円~1030円
ショートパンツ・・・550円~
ジーンズ・・・800円~
オーバーオール・・・1300円~

スカート・プリーツスカート・フレアスカートの宅配クリーニング料金相場

スカートのクリーニング代

スカートも長さやデザインによってクリーニング価格が変わります。宅配クリーニング業者によって料金表の分類も違うので、注文前にチェックしておきましょう。

スカートのクリーニング価格の違いは、プリーツスカート、フレアスカート、キュロットスカート、巻きスカート、ジャンパースカートで異なることがあり、さらに、ロングスカート、スカートのインナーに履くペチコートなども料金表で分けられている場合があります。

プリーツスカートなど折り目のプレスの工程が多いものは、クリーニング価格がやや高めに設定されています。あとは生地の面積によっても価格が変わる場合が多いです。

宅配クリーニングのスカートの料金相場

スカート・・・500円~
プリーツスカート・・・900円~
フレアスカート・・・900円~
ロングスカート・・・700円~

ニット・セーター・カーディガンの宅配クリーニング料金相場

ニットのクリーニング代

ニット素材は、ウール、アンゴラやカシミアなどの素材の違いと、丈の長さ、カーディガンのように前開きかどうかで、クリーニング価格が変わってきます。

あとはニットジャケットやニットコートなどは、アウターの分類になるので、クリーニング価格は高めになります。

ニットは基本的にはドライクリーニングが主流ですが、頻繁にクリーニングするものでもないので、ドライクリーニングでは落としにくい水溶性の汚れを落とすために「汗抜き加工」を追加するのもおすすめ。

宅配クリーニングのニットの料金相場

セーター・・・550円~1000円
カーディガン・・・600円~1000円
ニットアウター・・・1000円~1800円

ジャケットの宅配クリーニング料金相場

ジャケットのクリーニング代

クリーニング料金表で「ジャケット」に分類されるのは、スーツの上着やカジュアルで着るジャケットになります。ただし、宅配クリーニング業者によっては、スーツは「スーツ」、カジュアルジャケットを「ジャケット」と分類している場合もあります。

また、デニム地のGジャンやフリース、半纏なども、ジャケットの料金表に入る場合もありますし、キルトジャケットや麻ジャケットなど細かくクリーニング料金が設定されている場合もあります。

宅配クリーニング各社の料金表を事前にチェックしておかないと、思ってもみない金額が請求されることもあるので注意してください。

宅配クリーニングのジャケットの料金相場

ジャケット・・・900円~1800円

ワンピースの宅配クリーニング料金相場

ワンピースのクリーニング代

ワンピースも宅配クリーニング業者によっては、細かくサロペットやチュニック、ロンパースなどで、クリーニング価格を分けているところもありますし、ニットやカシミアなど素材によって、さらに細かくクリーニング価格の設定している場合もあります。

スカートと同じようにプリーツやフレア、ロングなどの違いによって、宅配クリーニング料金が変わる場合が多いです。素材によっても価格が異なります。

また、普段着ではないパーティや冠婚葬祭で着用するワンピースは「ドレス」や「礼服」として料金表に載っていることがあります。

宅配クリーニングの料金表でわからない場合には、問い合わせるなどして事前に料金を聞いておくのがトラブルを防ぐことになります。

宅配クリーニングのワンピースの料金相場

ワンピース・・・1000円~
チュニック・・・1000円~
ロンパース・・・2000円~
ロングワンピース・・・1300円~
プリーツワンピース・・・1700円~

コートの宅配クリーニング料金相場

コートのクリーニング代

コートは、ベルトやファー、ライナーやフードなどの付属品によって、クリーニング料金の分類が複雑になりやすいです。アンゴラやカシミア、ダウンやニットなどの素材の違いと、ハーフコートやロングコートなど丈の違いでも、クリーニング価格が異なります。

チェスターコートやトレンチコート、ダッフルコートにモッズコートなど、コートの種類では、クリーニング料金は分けられておらず、どちらかというと丈の長さや付属品、素材のほうが影響します。

コートに関しては宅配クリーニング各社も丁寧に料金について説明をしているので、事前にしっかり確認しておきましょう。

宅配クリーニングのコートの料金相場

ハーフコート・・・1300円~
コート・・・1500円~
ロングコート・・・1700円~
ベンチコート・・・2200円~

ダウンの宅配クリーニング料金相場

ダウンのクリーニング代

防寒着のダウンジャケットは、クリーニングでの扱いが難しいので、料金設定は高めになっています。追加料金がかかりますが、汗抜き加工や汚れが付きにくいように撥水加工などをしておくと、綺麗な状態をながく保つことができます。

ダウンは丈によってクリーニング料金が分けられていることが多く、ダウンジャケット、ダウンコート、ダウンベストなど大きく3つあります。ファーやフードなどが付いている場合は別途料金になる可能性があるので、料金表で確認してください。

宅配クリーニングのダウンの料金相場

ダウンジャケット・・・2000円~
ダウンベスト・・・1700円~
ダウンコート・・・3000円~

その他のアウターの宅配クリーニング料金相場

アウターのクリーニング代

アウターには他にもいろいろな種類があり、宅配クリーニングで細かく料金表に掲載されているものもあれば、取り扱っていない場合もあります。

ウィンドブレーカーやポンチョ、キルティングジャケットやスタジアムジャンパー、レインコートなども、細かく料金表に載っている宅配クリーニング業者もあります。

一般的なクリーニング店の場合は受付の時点で、店員さんに洋服が検品されて値段がわかるのですが、宅配クリーニングの場合は自分で見積もりしたものが、クリーニング工場での検品で異なる見積もりになる可能性もあります。

「これはいくらなんだろう?」と自分でクリーニング料金を判別できない場合は、問い合わせることがトラブルを避けることにつながります。

その他アウターのクリーニング料金相場

ウインドブレーカー・ポンチョ/ケープ・キルティングベスト・キルトジャケット・ジャンパー・ブルゾン・レインコート・Gジャンなど
1000円~

小物(ネクタイ・手袋・マフラー・帽子など)の宅配クリーニング料金相場

小物のクリーニング代

小物をクリーニングできると便利ですが、小物も宅配クリーニング業者によって価格が違います。一般的なものはネクタイ、帽子、手袋、マフラー、ショールなどですが、前掛けや足袋といったレアな小物もクリーニングできる場合もあります。

価格も業者によってかなり違ってくるので、小物を宅配クリーニングに出したい人は取り扱っているかどうか、料金はいくらかをチェックする必要があります。

また、小物を宅配クリーニングに出す場合は少量だと合計金額が安くなり、往復送料がかかってしまって、返って高くなる場合もあるので注意してください。

小物の料金相場

ネクタイ 450円~
マフラー 600円~
手袋・ニット手袋 550円~
ニット帽 500円~

子供服の宅配クリーニング料金相場

子供服のクリーニング代

定額パックの宅配クリーニングの場合は、「大人の服1点」=「子供服2点」というように、子供服は大人の半額という扱いをしているところもあります。

単品注文の宅配クリーニングでは、子供服が別に料金設定されているところもあれば、特に記載がない(大人と同じ)というところもあります。コスパの良い業者を選ぶなら、子供服をしっかりと料金表に書いているところが良いでしょう。

そのほかベビー服や七五三の衣装なども業者によってはクリーニング可能です。基本的に子供服とは140㎝サイズ以下と設定している場合が多いです。

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングの礼服や制服のクリーニング価格相場

冠婚葬祭の礼服や仕事で使用する作業着、白衣やナース服、そのほか学生服やドレスは、一般的な衣類とは別でクリーニング料金が設定されていることが多いです。

作業着などは職場でまとめてクリーニングに出すこともできますし、学生服も子供がたくさんいれば春休みや冬休みなどにまとめてクリーニングに出すとお得になります。

礼服・喪服の宅配クリーニング料金相場

礼服のクリーニング代

礼服とは黒色で無地、光沢感のあまりない服で、冠婚葬祭で利用する衣類としてクリーニングの料金表で分けられています。

ジャケット一つとってもボレロ、タキシード、モーニングなどで、それぞれクリーニング価格も異なります。

基本的にスーツなどと同じ素材でできているものがほとんどなのですが、スーツより少し高い程度の設定になっています。これは礼服などは汚れが少ないので、汚れが多い他のスーツなどと一緒に洗うと逆効果になるということから、少量で個別洗いしている場合が多いのです。

宅配クリーニングの礼服の料金相場

ジャケット・・・950円~
タキシード・モーニング・・・2200円~
パンツ・スカート・・・650円~
ワンピース・・・1200円~

学生服の宅配クリーニング料金相場

学生服のクリーニング代

学生服はセーラー服や学ラン、ブレザーなど種類がありますが、基本的には「学生服」で同じクリーニング価格になっていることが多いです。

あとは上下セットのクリーニング料金が設定されている場合と、上下が別になっている場合があります。特に形状によってクリーニング価格が変わることもなく、男子と女子のクリーニング価格も同じになっている場合が多いです。

業者によっては、インナーのブラウスやセーラースカーフ、ネクタイなども「学生用」として、別にクリーニング料金を設定しているところもあります。

宅配クリーニングの学生服の料金相場

学生服上・・・950円前後
学生服下・・・650円前後

作業着の宅配クリーニング料金相場

作業着のクリーニング代

クリーにニング料金表に「作業着」とある場合は、仕事で着用するユニフォームなどの衣服を指します。

工場などの現場作業服から、精密機器を扱うクリーンスーツ、医療関係では白衣やナース服、料理人の割烹着やコックコートなどが、クリーニングの料金表で分類されています。

基本的には汚れが落ちやすく、丈夫な素材でできているので、安価で頼むことができます。ただし、油などを扱う作業着などの汚れはクリーニングでも落とし切れない場合があります。

宅配クリーニングの作業着の料金相場

作業着・・・650円~
つなぎ・・・1200円~
クリーンスーツ上・・・650円~
クリーンスーツ下・・・660円~
コックコート・・・990円~
作務衣上下・・・1700円~
白衣・・・800円~
割烹着・・・800円~

着物(留袖・振袖)・浴衣・帯の宅配クリーニング料金相場

浴衣のクリーニング代

和服である着物や浴衣も宅配クリーニングでの取り扱いはありますが、すべての業者で扱っているわけではありません。浴衣は素材はもともと高価なものではないので、クリーニング価格も休めです。

着物は帯や振袖、中に着る肌襦袢などパーツごとにクリーニングされることになり、それぞれが高単価なので、宅配クリーニング代の合計金額はかなり高額になります。また、正絹の高価な着物と、ポリエステル繊維などの安価な着物で、クリーニング料金が違うこともあります。

また、七五三の三つ身や四つ身、羽織や袴などもクリーニングの料金表に載っていることもあります。こちらはサイズが小さいので、着物ほどクリーニング料金は高くはありません。

宅配クリーニングの着物・浴衣の料金相場

浴衣・・・2000円~
着物(帯含む)・・・20000円~
着物(化繊、帯含む)・・・10000円~
七五三・・・7000円~

ドレス・パーティドレス・民族衣装の宅配クリーニング料金相場

ドレスのクリーニング代

パーティドレスだけでなく、チャイナドレスやアオザイなどの民族衣装も、クリーニングの料金表に載っていることがあります。

ワンピースでも冠婚葬祭など、かしこまった場所で着用するものは「ドレス」のクリーニング料金にされていることがあります。また、装飾品や素材によってもクリーニング価格が変わってきますので、宅配クリーニングに依頼する場合は事前に料金表を確認したほうがいいでしょう。

ウェディングドレスは除外品にしているところと、取り扱っているところがあります。

宅配クリーニングのドレスの料金相場

ドレス各種・・・2000円~4000円
ウエディングドレス・・・20000円~または取り扱い不可

関連記事:宅配クリーニングの効果

宅配クリーニングの特殊な洋服や素材の料金

宅配クリーニングのサイトには料金表がありますから、それと照らし合わせていきます。ただ、特殊な素材が使用されている場合は料金が違ったり、取扱不可になったりするので注意が必要です。

これらは宅配クリーニングの各社で微妙に異なっているので、注文する業者のサイトをよく見る必要があります。

以下で特殊な素材の価格や対応を解説します。

皮革(レザー)の宅配クリーニング料金相場

レザーのクリーニング代

動物の皮革を使用したレザー製品はクリーニングに手間がかかります。そのためクリーニング代金も高額になってきますし、取扱をしていないところもあります。

また、通常のジャケットの肘部分だけにレザーが使われているような服もあり、その場合はレザー100%のものよりは、クリーニング価格は安くはなりますが、通常の衣服よりは高額になります。

ジャケットのポケットの一部、肘の部分の一部など少しレザーが使われているような場合は、一般衣類のクリーニング料金に追加料金という対応をするところが多いです。

レザーの場合はレザー専門のクリーニング業者もあるので、心配な場合はそういった専門の業者に頼むのが安心です。

宅配クリーニングのレザーの料金相場

レザージャンパー(ライダースなど)・・・8000円~

毛皮・ファーの宅配クリーニング料金相場

毛皮クリーニング代

毛皮やファー、ムートンなども宅配クリーニングでは特殊な素材になるので高額になります。ただし、フードなどについているだけのような一部分だけの場合は、一般衣類の追加料金で対応できます。

毛皮やファーは水に弱いので水をまったく使わない特殊な洗浄方法になります。宅配クリーニング業者が毛皮専門業者に頼むことも多いので割高になるというわけです。

天然の毛皮の洋服はもともと高額なものなので、宅配クリーニングよりも専門のクリーニング業者に出すほうが安心です。

宅配クリーニングの毛皮の料金相場

一部リアルファー +3000円~
一部フェイクファー +1000円~
毛皮コート 15000円~
ムートンコート 12000円~

布団(寝具)の宅配クリーニング料金相場

寝具クリーニング代

衣類の宅配クリーニングサービスでは布団(掛け布団・敷布団)のクリーニングは基本的には一緒に行っておらず、別途布団専門の宅配クリーニングサービスを運営していることが多いです。

布団は1枚で出すより、2枚、3枚と数が多ければ多いほど、クリーニングの単価が安くなります。

衣類の宅配クリーニングでは、寝具の中でもシーツや布団カバーなどの、小物類のみの扱いが多いです。シーツなどはシングルやダブル、クイーンやキングなどのサイズによって、クリーニング価格が違ってきます。

宅配クリーニングの寝具の料金相場

布団は衣類と別サービスの場合が多い
シーツ 1000円~

カーテンの宅配クリーニング料金相場

カーテンクリーニング代

カーテンをクリーニングに出したいというニーズは結構多くありますが、宅配クリーニングで扱っているところは少ないです。

カーテンを専門にクリーニングをしている業者もあるので、そちらでクリーニング料金をチェックしてみてもいいでしょう。

カーテンは種類とサイズによってクリーニング料金が変わります。種類はドレープカーテン、レースカーテン、薄手カーテン、遮光カーテンなどで、サイズは高さと幅によって、クリーニング料金が決まります。

宅配クリーニングのカーテンの料金相場

カーテン高さ200㎝×幅100㎝・・・4000円前後

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングで高級ブランド品の相場

ハイブランドや海外の高級ブランドの洋服を宅配クリーニングに出す場合は、基本的にはブランド、ノーブランドに関わらずクリーニング料金は同じです。

グッチのスーツ、シャネルのスカート、エルメスのスカーフ、アルマーニのスーツなど、ウン十万円するような高価な洋服でも、クリーニングは安い料金でできます。

ただその場合、他の利用者の洋服と一緒に洗われてしまうということになり、それが気になる場合は、高級ブランドに特化した宅配クリーニングサービスを利用すれば、個別洗いやリッチな加工などをしてもらえて安心です。

もちろん価格は通常のクリーニングよりも高くなります。

参考:高級ブランド宅配クリーニング HAKUTAKU

宅配クリーニングの付属品にかかる値段は各社扱いが異なるので注意

クリーニング店によってコートなどについているベルトや着脱式のフードやライナー、一部に使用されている合皮や革パーツによって追加料金が発生することがあります。

宅配クリーニングでも同じように、付属品や素材によって追加料金が設定されている場合があります。

定額パックコースの場合は、ベルトやライナーも、その洋服の一部ということでまとめて1着とすることがほとんどです(一部毛皮やファーなどは別料金になる場合もあります)。

単品注文の宅配クリーニングの場合は、追加料金も細かく設定されていることが多いので、コートなどを出す場合は事前にどれくらいの追加料金になるのかしっかりと把握しておくことがトラブルを防ぐことにつながります。

【リネットの追加料金の例】

追加料金 条件
デリケート素材
+200円
カシミヤ、アンゴラ、モヘア、シルク(絹)、麻、合皮、ベロア、アルパカなど
装飾品
+200円
レース、エンブロイダリーレース(直接生地に刺繍レース加工をした装飾)、フリル、プリーツ、ラメ、スパンコール、ビーズ、ビジューなど
その他 一部革製品+200円
ライナー+200円
ダウンライナー+1,000円
一部ファー/ボア+1,000円
全面ファー/ボア+1,000円
カフス(袖口)毛皮※両袖
+5000円
衣類本体から外せる毛皮カフス。毛皮品の扱いとなり、皮革専門の工場で洗浄。

宅配クリーニングのオプション加工の料金相場

宅配クリーニングにも染み抜きをはじめとするオプション加工が用意されています。宅配クリーニング業者によって、加工の種類は異なります。

また、独自のデラックス加工やプラチナコースなど、いろんなオプション加工をまとめたお得なプランもあります。

定額パックコースの場合は、衣類の種類に関係なく専用バッグに詰め込むので、1点ずつオプション加工を指定するのはリナビスだけで、あとの宅配クリーニング業者は専用バッグに入れた洋服全部にオプション加工を施すようになっています。

単品注文の場合は1点ずつに細かくオプション加工を設定できるので、こだわりのある人には良いでしょう。

【一般的なオプション加工と相場】

オプション加工名 1着あたり価格 説明
デラックス仕上げ 350円~ カシミヤやアンゴラなど高級な素材を丁寧に風合いを保ちながら洗い上げる
花粉防止加工 400円~ 衣類の繊維を被膜でコーティングする
撥水加工 300円~ 水や汚れを弾くコーティング剤を繊維に加工する
汗抜き加工(ウェット) 300円~ ドライクリーニング+水洗いの2度洗いで汚れを徹底的に落とす
Wリファイン 400円~ カシミヤ、モヘア、アルパカなど動物性繊維に風合いや光沢を取り戻す
抗菌防臭加工 400円~ 臭いの発生の原因となる細菌の増殖を抑制する加工を施す
ノリ調整 100円~ ワイシャツのノリの硬さをお好みに調整する
折り目加工 400円~ 折り目に特殊な加工をして折り目を取れにくくする
特殊染み抜き 300円~ 簡単に染み抜きでは落ちない染み汚れを落とす
防虫加工 300円~ 防虫効果のある溶剤で衣服をコーティングする
長期保管 500円~ 次のシーズンまで衣類に最適な環境で保管してくれる

人気の宅配クリーニングはこちら