[宅配クリーニング/おすすめ]選ぶ時に見るべきポイント

良い宅配クリーニングを選ぶポイント

「服をクリーニング店に持っていくのがしんどい・・・」

「仕上がった服をクリーニング店に取りに行くのが面倒・・・」

冬物などかさばる衣服をクリーニング店に持ち運ぶのは結構重労働です。何でもスマホでできる時代に超アナログな作業ですよね。

でも最近は宅配クリーニングという自宅にいながらクリーニングができちゃうサービスが出てきています。スマホで注文して洋服を送るだけでクリーニングされて返ってくるという便利なサービスです。

賢く利用してお金も時間もうまく節約しましょう!

人気の宅配クリーニングはこちら

おすすめ宅配クリーニングのポイント1.シングルとパックの違いを知ろう

料金体系で比較

宅配クリーニングの注文方法は大きく分けて2種類あります。

宅配クリーニングの注文タイプ
  • 単品注文(シングル)・・・洋服1点ごとの価格の合計でクリーニング代金が決まるタイプ。
  • パック注文・・・洋服の数が決まっていて、その数ならどの洋服を入れても定額で注文できるタイプ。5点で8000円など。

単品注文のほうは、自分がクリーニングしたい洋服を自分で選べますが、デメリットとしては少量のクリーニングだと送料がかかってしまうことです。

パック注文は定額でわかりやすいのが魅力ですが、デメリットとしてはワイシャツなど単価の安いものを入れてしまうと割高になってしまいます。基本的にはパック注文の場合は、冬物のアウターを入れるのがおすすめです。

【宅配クリーニング業者別タイプ】

単品注文 定額パック
リネット リナビス
ネクシー カジタク
キレイナ ベルメゾン
クリコム クリーニング東京
洗宅倉庫 イセツドライ
クリーニングのデア minikura
マイクローク クレスクリーニング
ピュアクリーニング クリ宅
白洋舎 クリラボ
せんたく便 フランス屋
美服パック
ロイヤルクローク
ホワイト急便
せんたく便

※ネット宅配クリーニングの業態のみの比較です。

定額パックで職人在籍の宅配クリーニングはこちら

おすすめ宅配クリーニングのポイント2.長期保管が可能

長期保管で比較

宅配クリーニングで冬物アウターを出したいなら「保管サービス」がおすすめです。

冬物衣料はただでさえかさばる上に、湿気や防虫などに気を付けて保管をしなければなりません。日本の住宅事情で家族みんなの冬服を収納する場所はかなりスペースを取ります。

そこで便利なのが「保管サービス」で、シーズンオフになったら宅配クリーニングで冬物アウターを送って、次のシーズン、つまり8か月後や9か月後に綺麗な状態で届けてくれるというものです。

そうすればクローゼットやタンスの収納場所にも悩まずに済みますし、湿気や防虫を心配する必要もなくなります。保管は洋服にとって最適な環境で行われるので安心です。

ただし、宅配クリーニング各社によって保管サービスの有無があったり、有料だったり、期間が異なったりするので事前にチェックしてください。

定額パックに保管サービスも含まれる宅配クリーニングはこちら

おすすめ宅配クリーニングのポイント3.手間暇かけた職人仕事

職人仕事で比較

宅配クリーニングで心配なのは洋服が本当にキレイになって戻ってくるかどうかですよね。

クリーニング工場では、まず洋服の検品(汚れのチェックや素材の確認)が行われて、最適な洗い方でクリーニングされます。この検品は経験と知識が必要で、ここで判断を間違えると汚れが落ちなかったり、型崩れや縮みを生んでしまう可能性もあります。

また、洗い後の仕上げのプレス(アイロン)工程でも、高温のアイロンを操るので洋服の生地を傷めず、かつ、ピシッとパリッと仕上げるには技術が必要になります。

これは店舗型のクリーニングでも技術があるかどうかはわかりにくいですが、宅配クリーニングの場合は公式サイトなどにスタッフや技術者について記載があるので、それらを確認して頼むと安心です。

熟練の技術者がおせっかいなほど丁寧に仕上げる宅配クリーニングはこちら

[宅配クリーニング/おすすめ]品質・コスパ・保管で選ぶおすすめランキング

宅配クリーニングを比較するときに見るべき点は、初めてだとわからない場合が多いです。

上記で書いた3つのポイントと、その他見ておきたいポイントを比較しておすすめのランキングを作りました。

以下は上位3つの宅配クリーニングで大事なポイントを比較した表になります。

リナビス ネクシー クリーニング東京
10点パック料金 10,800円 11,000円 10,980円
保管期間 最大9ヵ月 最大7ヵ月 最大11ヵ月
オプション加工 1点ごとに可 無しか全部か 無しか全部か
専用袋の大きさ 20点入る大きさ 15点入る大きさ 15点入る大きさ
決済方法 クレジットカード
代金引換
NP後払い
クレジットカード
代金引換
クレジットカード
代金引換
職人の表記 あり 無し 無し

意外に重要なのがオプション加工です。定額パックの場合は基本的にすべての服に適用するかしないかという2択なのですが、リナビスだけは1点ずつ指定できます。

「ダウンジャケットだけ撥水加工を施したい」という細かいニーズに応えてくれるわけですね。

あと、専用袋の大きさも重要です。実は定額パックの場合、専用の袋に入る洋服しか受け付けてくれません。全部冬物アウターを出そうと思っている場合、袋が小さいと全部入らないということがありえるのです。

その点、リナビスはすべてのコースで20点入る大きな袋が用意されているので、冬物アウターだけを詰め込むことも可能になります。

冬物アウターもたっぷり詰め込める宅配クリーニングはこちら

[宅配クリーニングのおすすめ]1位 おせっかいの「リナビス」

リナビス
リナビスが1位の理由
  • 公式サイトがわかりやすい(不明な点が明瞭に解説されていて親切)
  • 専用袋が大きいので冬物アウターもたくさん詰め込める(他社のは小さい)
  • おせっかいな職人による高品質クリーニング
  • オプション加工が1点ごとに指定できる(リナビスだけ!)
コース 5点パック 7800円
10点パック 10800円
20点パック 18800円
保管期間 最大9ヵ月
特典 シミ抜き
毛玉取り(指定すれば)
ほつれ修繕(5㎝以内、指定すれば)
ボタン取付(指定すれば)
オプション加工 撥水加工 980円/1点
汗抜き加工 500円/1点
カビ抜き加工 500円/1点
※1点ずつ指定可能
専用袋のサイズ 20点入るサイズ(縦45㎝横50㎝高さ40㎝)
職人の表記 公式サイトに詳細に紹介されている
決済方法 クレジットカード・代金引換・NP後払い

リナビスはカンブリア宮殿に取り上げられるほど、宅配クリーニングの業界では有名な存在です。

一番の魅力は熟練の職人さんが手仕事で仕上げる「おせっかい」なほど丁寧なクリーニングでしょう。丁寧な仕上げにこだわっているので、受付する人数に上限を設けているほどです。利益よりユーザーの満足度を重要視しています。

あとは、オプション加工がリナビスでは1点ごとに指定できます。他社では詰め込んだ洋服全部に加工をするかしないかになるので、加工を施すと高額になってしまいます。リナビスは1点ずつ指定できるのでコスパが良くなります。

また、洋服を入れる袋が大きいのもポイントです。どのコースでも20点入る用の袋が送られてくるので、かさばる冬物アウターも楽々詰め込めます。宅配クリーニングは専用袋に入りきる洋服しか受け付けてくれないので、袋が大きいのは重要なポイントです。

ちなみに「保管サービス」は無料オプションの一つなので、保管しない場合は最短7日間程度の納期でクリーニングできます。

公式サイトはこちら

リナビスの口コミ

[宅配クリーニングのおすすめ]2位 「Nexcy(ネクシー)」

ネクシー

ネクシーは単品注文もできる宅配クリーニングです。

料金も比較的リーズナブルで、標準で毛玉取りや簡易補修が付いているのはコスパがいいですね。オプション加工は無いですが、別途プレミアムプランというものがあり、各種加工が施されるようになっています。

クリーニングに出すすべての洋服に加工をしたい場合は便利です。

スタンダード プレミアム
コース 7点パック 8400円
10点パック 11000円
15点パック 15000円
7点パック 14000円
10点パック 18000円
15点パック 24000円
保管期間 最大7ヵ月 最大7ヵ月
特典 シミ抜き
毛玉取り
簡易補修
シミ抜き
毛玉取り
簡易補修
抗菌加工
防虫加工
防臭加工
防カビ加工
不織布・専用ハンガー
オプション加工 無し 無し
専用袋のサイズ 表記無し 表記無し
職人の表記 特になし 特になし
決済方法 クレジットカード・代金引換 クレジットカード・代金引換
↓↓公式サイトはこちら↓↓
Wash Close

[宅配クリーニングのおすすめ]3位 「クリーニング東京」

クリーニング東京

「東京」とありますが、宅配なので全国どこからでも注文は可能です。

下記では保管コースの料金を書いていますが、保管をしないスピードパックというものもあります。スピードパックは少し安くなります。

こちらはオプション加工もありますが、出した洋服すべてに施されるので1点だけ加工したい場合には不向きです。他社ではあまり見かけないオプション加工があるので、特に高級な素材の洋服を出すにはいいでしょう。

スタンダード デラックス
コース 7点パック 8980円
10点パック 10980円
15点パック 13980円
7点パック 13470円
10点パック 16470円
15点パック 20970円
保管期間 最大11ヵ月
特典 シミ抜き
静電気防止
毛玉取り
毛取り
抗菌・防カビ加工
シミ抜き
静電気防止
毛玉取り
毛取り
抗菌・防カビ加工
アパレルマイスター手仕上げ
トリートメント加工
不織布包装
オプション加工 撥水・撥油・防汚加工(7点2800円、10点以上4000円)
防虫加工(7点2800円、10点以上4000円)
Wウォッシュプラス(7点2800円、10点以上4000円)
防臭加工(7点2800円、10点以上4000円)
上記4加工全部(7点7000円、10点以上10000円)
専用袋のサイズ 縦27cm×横38cm×高29cm
職人の表記 特になし
決済方法 クレジットカード・代金引換
公式サイトはこちら

[宅配クリーニングのおすすめ]4位 「カジタク(イオン)」

カジタク

イオングループの家事代行サービス「カジタク」の一つに宅配クリーニングもあります。

料金体系はスッキリしていてわかりやすく、安心保障もついているので安心感はあります。特にここだけの突出したサービスはありませんが、大手企業だけに信頼感は高いでしょう。

通常 プレミアム
コース 6点パック 9000円
10点パック 12000円
15点パック 15000円
6点パック 15000円
保管期間 最大9ヵ月
特典 シミ抜き
安心保障
特殊シミ抜き
手仕上げ
毛玉取り
簡易補修
専用ハンガー
オプション加工 無し
専用袋のサイズ 表記無し
職人の表記 特になし
決済方法 クレジットカード・代金引換
公式サイトはこちら

[宅配クリーニングのおすすめ]5位 「リネット保管」

リネット保管

単品注文の宅配クリーニングで有名な「リネット」から、保管サービス付きのプランが登場しました。

他社と比較すると料金設定がやや高めになっていて、そのほか特に大きなウリもなく、やや印象が薄いです。ただし、luxeコースだと花粉ガードや静電気防止、安心保障などがつくので高級素材の洋服を出すには適しているでしょう。

通常 luxe
コース 7点パック 9800円
12点パック 16800円
18点パック 24600円
7点パック 16800円
12点パック 28800円
18点パック 42800円
保管期間 最大8ヵ月(受取は9月~11月の間のみ)
特典 シミ抜き
汗抜き
シミ抜き
汗抜き
手仕上げ
撥水加工
防汚効果
花粉ガード
静電気防止
届け日変更
防虫剤
安心保障
オプション加工 無し
専用袋のサイズ 表記無し
職人の表記 特になし
決済方法 クレジットカード・代金引換
↓↓公式サイトはこちら↓↓

宅配クリーニングのシステム

クリーニング

宅配クリーニングを比較するときは、使いやすさ、品質などをチェックすると良い業者が見つけられます。

パソコンやスマホで簡単に注文できて、自宅に居ながらにしてクリーニングが完了するのが宅配クリーニングの魅力です。

しかし、まだ一般的ではなく、初めて注文する人も多いので、どういった仕組みなのか、料金体系の種類、割引があるのかなど、知っていればいるほどお得です。

近所のクリーニング店でもそうですが、クリーニングというのは店舗によってサービスは全然違います。また、同じクリーニングチェーンでも都会なのか郊外なのかでも違ったりします。

宅配クリーニングが格安になる理由

宅配クリーニングを格安になる大きな理由は場所代にあります。

リアル店舗のクリーニング店は人口が多い、すなわち都会のほうが集客できます。しかし、都会であればあるほど土地代や人件費が高くなるので、クリーニング代金にそれを反映させなければいけません。

逆に田舎であれば土地代や人件費は安いものの、集客が難しく結局単価にそれを反映せざるを得ません。

ネット上にある宅配クリーニングは、全国からお客さんを集める集客力がありながら、都会に店を構えることなく、クリーニング工場は田舎の土地の大きな場所で運営できますからコストを抑えることができるのです。

ただし、宅配クリーニングは送料がかかるので、その分多めに洋服を出すか、送料を「クリーニング店に持ち運ぶ手間賃」と考えられるかという点で考慮しなければなりません。

宅配クリーニングの最安値

一般的な店舗型のクリーニングでは、単純にワイシャツ1着の単価を比較すれば最安値を割り出すことができます。しかし、店舗が遠かったりすると時間的コストが別途かかってくるので、最安値だからといって本当に価値があるのかどうかは実際には個々人で違います。

宅配クリーニングの場合は、まず定額パックの場合は単純に価格を数量で割って単価を出すと最安値が割り出されます。

例えば10点パックが10,000円なら、1着あたりの単価は1,000円です。しかし、コートを入れるのかワイシャツをいれるのか、ネクタイを入れるのかで、単価1,000円の価値は変わってきます。

また、単品注文の場合は、一般的なクリーニング店と同様に1着ごとの単価を比較すれば最安値は割り出せます。

しかし、単品注文の場合は合計金額が一定以上にならないと送料無料にならないので、その金額の高い低いによって割安感の感じ方は異なります。

関連記事:単品注文のリネットの口コミ

東京の店舗型クリーニング

クリーニングの代金は一般的に都会であればあるほど高くなる傾向にあります。同じ都道府県でも店舗の場所によってクリーニングの単価が変わります。

例えば同じ東京都のホワイト急便の料金表を比較してみると

【ホワイト急便の2店の比較】

衣服種類 A店 B店
ワイシャツ(白/色柄) 200円~ 130円~
ブラウス 380円~ 330円~
ズボン/パンツ(紳士/婦人)(裏無) 370円~ 350円~
セーター/カーディガン 370円~ 330円~
スーツ上(紳士/婦人) 520円~ 450円~
スカート 370円~ 320円~
ワンピース 850円~ 760円~
ダウンジャケット 2,050円~ 1,400円~

引用:ホワイト急便

このようになり、ダウンジャケットに至っては600円もの差があります。

つまり、どこに住んでいるかによって店舗型のクリーニングではコスパの良し悪しが違ってきます。

サブスクリプションの宅配クリーニング

パック注文や単品注文以外に月額固定で宅配クリーニングができるサービスもあります。

月額で固定費を払い、専用のクリーニングバッグで価格によって月に2回とか4回とか回数が決まっているものです。

ビジネスマンなど定期的にクリーニングに出す人にはとても便利なサービスです。マンションだと宅配ボックスで集配ができたりするので便利です。

月額有料会員制もある

月額は月額でも有料会員費を毎月定額で払う宅配クリーニングもあります。

これは月に数百円程度支払うことで、宅配クリーニングがお得になるという制度です。月に何度も出さないけど、月に1回とか2か月に1回とか定期的に出す人にはお得なサービスです。

ただし、年に2~3回のような季節の変わり目にしか出さないという場合には、あまり金額的なメリットはありません。

ポイントが貯まる

宅配クリーニングもユーザーを囲い込むためにポイント制度を導入しているところが多いです。

100円で1ポイント(1円分)貯まるところもあれば、1回出して1スタンプのようなパターンもあります。

また、最近では通販サイトが宅配クリーニングを取り扱っている場合もあり、店舗の買い物で使用できるポイントが貯まるというタイプもあります。

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングのキャンペーンの種類

キャンペーン

一般のリアル店舗のクリーニング店でもキャンペーンがあるように、ネットの宅配クリーニングでもお得なキャンペーンはあります。

とくにネット宅配クリーニングの場合は対面ではなく、心理的ハードルが高いので、初回はかなりお得になっているところが多いです。

まずはこういったキャンペーンで、宅配クリーニングの品質や利便性を知ってもらうことが目的になっています。

初めての宅配クリーニングで不安な人も、まずはお得なキャンペーンで試してみるといいでしょう。

割引キャンペーンの種類

宅配クリーニングが割引になるパターンはいくつかあります。

タイトルが入ります。
  • 初回限定
  • ポイント
  • 有料会員割引
  • クーポン
  • リピート割

初回限定割引は多くの宅配クリーニングで行っていて、とりあえず試してもらうというのが目的なので結構大幅に割引されています。ポイント割引は、各社独自のポイント制度があり、出した回数や金額に応じてポイントが貯まり、次回に使えるということです。

有料会員割引は、月額で定額料金を払っておくと毎回会員限定の割引や特典を受けられるというものです。クーポンは一度使用するとメルマガなどでお得なキャンペーン情報などがもらえて、その時に使える割引サービスです。

リピート割は、2回目以降の時に送付用のクリーニングバッグ代金などが不要になる分、安くなるという割引です。

これらの割引を賢く駆使すればクリーニングのコスパも良くなります。

クーポンサイト(共同購入サイト)

クーポンサイトは、期間中に決められた販売数以上の注文があった場合に、販売数によって大幅な割引を受けられるサービスです。

使用期限が決まっていたりという制約がある分、大幅に安くなっていることもあり、コスパを考えるとかなり良いといえます。宅配クリーニングでも一部の業者はクーポンサイトに出品しているものがあるので、定期的にチェックするといいでしょう。

ただ、クリーニングを出したい時にクーポンが出ているとは限らないので、運の要素もあります。また、クーポンサイトにある宅配クリーニング業者も一部なので、別の宅配クリーニングと比較したら大して安くなかったという可能性もあります。

グルーポン

クーポンサイトは10年ほど前にブームにはなりましたが、その後は下火になっており、現在は数えるほどのサイトしかありません。

その中でも大手のグルーポンは今でも稼働しています。グルーポンではせんたく便の宅配クリーニングがよく出品されています。

宅配クリーニング10点パックが半額以下になるので非常にお得です。期間限定販売になっているので、気になる人はチェックしてみてください。

ただし、沖縄や北海道、その他離島の地域は別途送料が必要になる場合があるので注意してください。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎになる

ポイントサイトを経由して宅配クリーニングを注文すると、初回のみ安なる場合があります。

ポイントサイトは、提携しているショッピングサイトで商品を購入したり、アンケートに回答するとポイントをもらえるサービスで、貯まったポイントは現金やギフト券、電子マネーなどに交換することができるので、主婦の間でもお小遣い稼ぎとして人気があります。

ただし、ポイントサイトで宅配クリーニングを依頼する場合、ポイントサイトに会員登録をしなければならず、個人情報などを入力する必要があります。ポイントサイトには怪しいのもあるので、その辺を注意しないとメールやDMがたくさん来たりする可能性があります。

宅配クリーニングの送料

宅配クリーニングを賢く利用するなら、送料をできるだけ抑えるのがポイントになってきます。

定額パックの宅配クリーニングではたいてい送料無料になっています。

単品注文の場合は、洋服ごとの単価の合計金額がクリーニング代になるので、合計金額が一定以上になると送料無料になる場合が多いです。

【宅配クリーニング各社の送料比較】

リネット ネクシー クリコム 洗宅倉庫
往復送料無料条件 10,000円以上
(プレミアム会員は3,000円以上)
3,500円以上
(東北は5,500円以上)
4,000円以上 4,000円以上(ゴールド会員に限る)
往復送料負担あり 900円~1,800円 1,620円~2,320円 1,000円 2,000円
北海道・沖縄の往復送料無料条件 10,000円以上
(プレミアム会員は3,000円以上)
6,500円以上 4,000円以上(但し沖縄不可) 無し
北海道・沖縄往復送料負担あり 2,600円 3,420円 2,000円(但し沖縄不可) 2,000円~4,000円

宅配クリーニングの場合は往復で送料がかかるため、送料負担の金額はネットショップなどの送料よりも高くなります。

ただし、沖縄や北海道、離島地域などは対象外になっている場合がほとんどで、しかも往復送料のため非常に高額な送料になってしまいます。

宅配クリーニングの決済方法

宅配クリーニングは対面ではないので現金で直接支払うことはありません。

一番便利なのはクレジットカード決済で、注文してクリーニングされ、発送された時点で決済されます。自動的に支払えるので手間がありません。

現金で払いたい人は代金引換の決済方法があります。こちらは宅配クリーニングから仕上がった洋服が届くときに配達員に料金を支払う方法です。

そのほか、宅配クリーニングによっては後払いやコンビニ払いなどを取り扱っているところもあります。

通販モールの宅配クリーニングでは、物品を購入するように支払うパターンもあります。通販モールのポイントが貯まったりしてお得な場合もあります。

【宅配クリーニング各社の決済方法】

代金引換 クレジットカード NP後払い その他
リナビス Amazonペイ
リネット × ×
カジタク × × Amazonペイ
ネクシー × ×
クリーニング東京 × ×
フランス屋 × ×
せんたく便 ×

クレジットカード決済

宅配クリーニングはスマホやパソコンから申し込むネットショップと同じようなシステムなので、クレジットカードの支払いは可能です。

クレジットカード決済のメリットは、利用者側が手数料を支払うことがなく、逆にクレジットカード会社によってはポイント還元もしてくれるという点です。

また、リボ払いで分割払いにできるというメリットもあります。ただし、分割払いにすると金利手数料が発生するので注意が必要です。

宅配クリーニングはそれぞれ使えるクレジットカードが異なりますが、ほとんどの宅配クリーニングで5大国際ブランドであるVISA・MasterCard・JCB・AMEX・Dinersは使用できるようになっています。

詳しくは各宅配クリーニングの特定商取引表示やお支払い方法を確認すればわかります。

代金引換

宅配クリーニングを現金で支払いたいという場合は代金引換サービスが便利です。

代金引換というのは配送業者が宅配クリーニングの代わりに料金を徴収してくれるシステムです。利用者は代引き手数料を払うことが必要となります。日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便の配送業者が宅配クリーニングで利用されていますが、いずれも代引手数料は324円(税込)となっています。

注意点としては、代金引換のタイミングが宅配クリーニング各社によって異なるということです。

例えば定額パックコースでは、初めての注文の場合は集荷キット(着払い伝票や専用バッグ)が届いた段階で支払うことになっています。まだ、洋服を発送していない段階ですが、定額だから料金の変動がないため早めの支払いになっています。

単品注文の宅配クリーニングの場合は、クリーニング代金の確定が検品後になるので、代金引換の支払いタイミングは仕上がった衣類が自宅に届くタイミングになります。

NP後払い

商品が到着してから料金を支払う「後払い」ができる決済方法が「NP後払い」です。NPとは株式会社ネットプロテクションズのことで、宅配クリーニング業者から代金債権を受け取って、代わりに徴収するシステムになっています。

簡単に言えば利用者の代わりにネットプロテクションズが先に宅配クリーニング業者にお金を支払ってくれているとイメージするとわかりやすいです。

NP後払いではコンビニ・郵便局・銀行で後払いすることができます。ネットプロテクションズが発行した請求書が別途郵送で送られてくるので、それを持ってコンビニや郵便局、銀行で支払い手続きをします。請求書の発行から14日以内に支払う必要があります。

支払い手数料は205円(税込)となっています。今のところ宅配クリーニングではリナビス、せんたく便、ラララネット宅配クリーニングなどが採用しています。

Amazonペイ

Amazonペイというのは、Amazonのアカウントを持っている場合、そのアカウントに登録された住所や氏名、クレジットカードの情報を使ってAmazon以外のネットショップなどでも決済できるというものです。

宅配クリーニングでAmazonペイを利用すると、クレジットカード情報を新たに登録する必要がありませんし、送り先である住所や氏名も入力する必要はありません。

クレジットカード情報をたくさんのサイトに登録するのはセキュリティの観点からもリスクがありますから、Amazonのアカウントで支払うというのはセキュリティ面でも安心です。

また、利用者側には手数料もなく、クレジットカードによってはポイントも貯まるのでメリットが多いです。

ただし、Amazonペイを採用している宅配クリーニングは現状少ないです。楽天で取り扱っている宅配クリーニングでは楽天に登録されたクレジットカードが使えるので、Amazonペイと同じような感覚で支払いできます。

受取時に着払いになってしまう時

希望の決済方法を指定していても着払いで衣類が戻ってきてしまうことがあります。

これはクリーニングできない除外品を送ってしまった場合に起こります。1点でもクリーニングできるものがあれば、クリーニングされて帰ってくるのですが、すべての洋服が除外品だった場合は、クリーニングの契約がされずに着払いで戻ってきます。

そうなるとただただ往復送料を払って、洋服をたらいまわしにしただけなので、お金が無駄になってしまいます。

対面のクリーニング店では持ち込んだ時にクリーニングの可否を判断されますが、宅配クリーニングの場合は向こうに届いてからでないと判断ができないので、着払いで戻ってくるということが起こるのです。

これを回避するためには、事前に除外品やクリーニングの可否を自分でしっかりとチェックしてから送付する必要があります。

人気の宅配クリーニングはこちら

通販サイトの宅配クリーニングのおすすめ

宅配クリーニングの多くはクリーニング業者が行っているか、クリーニング業者と提携したIT企業などが運営しています。

しかし、最近では楽天市場やディノス、ベルメゾン、ポンパレモール、イオンなど通販モールや通販サイトなどでも取り扱いがあります。

これらのメリットとしては、普段利用している通販サイトで注文できるので、クレジットカードや住所氏名などの入力の手間が省けたり、その通販モールのポイントが貯まったり使えたりということがあります。

ただし、こういった通販サイトが運営する宅配クリーニングは結局クリーニング店を下請けにしているので、品質に関してはどこまで良いのかは試してみないとわからないということがあります。

楽天市場

楽天市場にはクリーニング店が多数出展しており、宅配クリーニングの定額パックを商品として販売しています。

楽天市場では定額パックのことを「詰め放題」という表現で販売しているところが多いです。「詰め放題」というとたくさんの洋服が詰めれるイメージですが、実際には数量は決まっていて、「洋服の種類を問わずその数量まで詰めていいよ」という解釈になるので誤解しないようにしましょう。

保管サービス付きや布団クリーニングなど、商品の種類も豊富で楽天市場内でかなり激戦区になっています。料金も安いものが多く、レビューもあるので利用しやすいでしょう。

【楽天市場の宅配クリーニング】

10点詰め放題 15点詰め放題
ママクリーニング小野寺よ 8,532円 10,388円
クレス・クリーニング 8,400円 9,800円
おしゃれ洗濯便 7,884円 9,980円
せんたくらぶ 7,000円 9,000円
ラビットクリーニング 9,000円 13,000円
フジクリーニング 7,297円 9,241円

※送料無料で算出。保管サービス無しを抽出しています。

Amazon

ネット通販大手のAmazonでも宅配クリーニングを取り扱っています。厳密にはクリーニング店が出店していて、宅配クリーニングのパックを販売しています。

Amazonでの取り扱いはまだ少数です。というのもAmazonの場合は販売手数料が高いので、宅配クリーニング業者があまり利益を確保しにくいという点があります。また、Amazonの商品ページは写真を多く掲載するのが難しいですし、商品説明の欄が小さいのでクリーニングの利用規約や使い方などを詳細に伝えにくいということがあります。

そんなこともあってか、レビューの数も少なく、あまり人気がないような印象があります。

【Amazonで取り扱いのある宅配クリーニング】

Amazon 5点パック 10点パック 15点パック
洗濯便 7,538円
カジタク 12,960円(保管付き) 16,200円(保管付き)
美服パック 4,980円
和光 6,264円 8,100円
ロイヤルクリーニング 12,960円 13,500円 17,820円
シルキー 8,480円 8,980円

※送料無料で算出。特に記載がないものは保管サービス無しを抽出しています。

ベルメゾン

通販カタログ大手のベルメゾンも宅配クリーニングを行っています。カタログからはもちろん、インターネットからでも注文できます。

ベルメゾンを利用しているのであれば、支払いも住所の入力も不要で便利に利用できます。また、ベルメゾン利用者のレビューも豊富にあるので、選ぶ際の参考になります。

さらに、衣類のほかに布団クリーニング、靴・ブーツのクリーニングも行っています。

ベルメゾンの衣類宅配クリーニングは通常便と保管付き、プレミアムの3種類あります。

通常便 7着まで7,790円
12着まで11,300円
保管付き 10着まで11,900円
15着まで16,900円
20着まで20,900円
プレミアム(保管付き) 6着まで12,900円
10着まで19,500円
15着まで27,900円

※送料込みで消費税込みの価格

人気の宅配クリーニングはこちら

チケット制の宅配クリーニング

宅配クリーニングは通販でも販売されていますが、チケットという形で販売されている場合もあります。

ヨドバシカメラには家事の達人というチケット型の家事代行サービスがあり、そのなかに宅配クリーニングもあるのです。

定額パックの宅配クリーニングで、このチケットをヨドバシカメラで購入することで、電話やWEBで後日いつでも注文することができます。

メリットは家電量販店で購入できるのと、ポイントなどが付与されたり使えたりすることです。デメリットはどんなクリーニング業者なのか不明なのと、トラブルがあった時にきちんと対応して入れるかどうかはやや不安なところがあります。

プレゼントできるタイプもあった

宅配クリーニングをプレゼントとして送れるというものがありました。現在は販売終了しています。

プレゼントとして届けられるものは、宅配クリーニングの専用袋、送り状などが入ったギフトボックスになっていて、送られた人はいつでも宅配クリーニングを利用できるようになっています。

これはAmazonで売られていたもので、ワンクリックで購入できて、指定した相手に送れるというのが人気でした。

宅配クリーニングはしばしば値上げすることもある

宅配クリーニングはまだ比較的新しい業態のサービスなので、価格の改定があり、値上げすることもあります。

宅配クリーニングは単純にクリーニング代金だけではなく、集配の宅配にかかるコストや、クリーニング業者に委託している場合は契約料の関係などで、料金コントロールが複雑になっています。

クリーニングに関係なくても、宅配の料金が値上げされると、宅配クリーニングの料金も値上げせざるを得ないというわけです。

せっかく気に入って会員になっても、途中で値上げしてコスパが悪くなったら、別の宅配クリーニング業者に乗り換えるのも一つです。

[宅配クリーニング/おすすめ]基本的な利用方法

利用方法

宅配クリーニングはスマホやパソコンでネット注文するクリーニングサービスですが、通常の物販とは異なりどのように利用するのかわからない人もいらっしゃるでしょう。

基本的には洋服を宅配で送って、クリーニングされて、自宅に返ってくるということですが、注文方法や梱包方法、発送方法などは各社微妙に異なります。

ここでは宅配クリーニングを利用する際のメリットやデメリット、基本的な使い方や流れなどを解説します。

宅配クリーニングのメリット

宅配クリーニングのメリットは以下のようなものがあります。

宅配クリーニングのメリット
  • 店舗まで衣類を持ち運ばなくていい。取りに行かなくていい。
  • 自宅やコンビニで簡単に出せる
  • 料金が事前にわかる
  • 24時間いつでも注文できる

一番のメリットはやはりクリーニング店舗まで衣類を持っていかなくて済むことです。車があればそんなに大変じゃないと思うかもしれませんが、車に乗せるのも面倒だし、降ろすのも意外と大変です。車がなければ自転車などでかさばる衣服を持っていかなくてはならないし、子供連れだと子供を見ながら手も離せない状態で大変です。

また、持ち運ぶ範囲が家の周囲数キロ程度なので、本当に良いクリーニング店が周りに無かったり、安い店が無かったりする場合もあります。

あとはクリーニング店に行くまでの時間というのも忘れてはいけません。片道30分なら1時間も使うことになりますし、受取も合わせるとクリーニングのために2時間も消費していることになります。その点、宅配クリーニングなら自宅で梱包するだけなので時間がかからず、時間を有効利用できます。

宅配クリーニングは特に時間が勝負になる子育てに忙しいママや、仕事に忙しいビジネスマンやキャリアウーマンに向いているサービスです。

宅配クリーニングのデメリット

宅配クリーニングのデメリットには以下のようなものがあります。

宅配クリーニングのデメリット
  • 納期に時間がかかる
  • 送料によっては割高になる
  • 少量頼むと割高になる
  • 対面がないのでトラブルになりそう
  • 洋服を自分でチェックしなければならない

宅配クリーニングは急いでいる人には向いていません。やはり自宅から業者に届くまでと、業者から自宅に届くまでの配送の時間がかかってしまうので、最短の納期だとしても2~3日はかかってしまいます。

また、宅配クリーニングはどうしても往復送料が必要になるので、少量の場合は衣服1点あたりの単価が高くなってしまい割高感があります。衣服が多い場合は送料無料になることが多いので、ある程度数が無いと向いていません。

一番の心配事はやはり対面ではないということでしょう。対面のクリーニング店では目の前で洋服をチェックしてくれて、ポケットに忘れ物がないか、ボタンが外れそうではないか、素材や付属品、シミや汚れの程度の確認がなされます。

そのうえで料金が算出されて、こちらも納得したうえで支払いをするのでトラブルはありません。しかし、宅配クリーニングは発送前に自分で洋服をチェックして、発送後に業者がチェックして、認識の違いがあると料金が変わってきたり、最悪クリーニングされずに返却される可能性もあります。

トラブルを回避するためには自身でもしっかりとチェックして、判断のつかないような洋服は宅配クリーニングを避けるか問い合わせて確認するなど自衛手段を取る必要がるでしょう。

関連記事:宅配クリーニングの賢い使い方

納期は通常7日後~

宅配クリーニングではオプションなどで「お急ぎ」などを指定しない限りは、一般的に納期は7日から10日前後になります。

これは往復の配送時間を考慮して余裕を持った設定にしていると考えられます。

また、衣服の種類によっては特殊な洗浄をしないといけない場合があり、衣服はまとめて返送されるため、時間がかかる衣服に合わせた納期になります。

特殊な素材の衣服などを送る場合は事前に納期を確認しておくと良いでしょう。

人気の宅配クリーニングはこちら

宅配クリーニングの取扱い衣類

宅配クリーニングで取り扱っている衣服は、一般的な店舗型クリーニングとそれほど大きく違いはありません。

宅配クリーニングが高いような気がするのは、送料がかかるからです。定額パックの場合は送料無料の場合がほとんどですが、単品注文の場合はある程度衣類の量が無いと送料無料にはなりません。

送料は預ける時と返却時の往復2回必要になりますから、送料無料無しではコスパが悪いといえます。ほとんどの宅配クリーニングでは、ある程度の料金以上になれば、送料無料になりますから、頻繁にクリーニングに出すというよりは、まとめて出すほうがお得になります。

衣類の種類 料金目安
ワイシャツ 220円~
シャツ 290円~
ブラウス 500円~
スーツ上下 1500円~
パンツ 600円~
スカート 600円~
プリーツスカート 1000円~
セーター 590円~
カーディガン 650円~
ジャケット 900円~
ワンピース 1100円~
コート 1800円~
ダウンジャケット 2200円~
ダウンコート 2600円~
ジャンパー・ブルゾン 1300円~
ネクタイ 400円~
マフラー 600円~
手袋 550円~
帽子 500円~
礼服・上 950円~
礼服・下 600円~
学生服・上下 1500円~
作業着 800円~
浴衣 1800円~
パーティドレス 2500円~
ウエディングドレス 18000円~
レザージャケット 6500円~
ムートンコート 14000円~
毛皮コート 15000円~

※価格は各社ごとに異なります。また、衣類によってはさらに細かく分類されている場合があります。詳細は各社に問い合わせください。

関連記事:宅配クリーニングの値段の相場

宅配クリーニングで取り扱い不可の衣服

宅配クリーニングで取り扱い不可、つまり断られる衣服もあります。これは各社によって異なるので事前に確認しておきましょう。

取り扱い不可の可能性があるもの
  • 著しく状態が悪いもの(破れ、臭い、濡れているなど)
  • 下着類や水着など素肌に着用するもの
  • 洗濯表示のタグがないもの
  • 革や毛皮、着物など特殊な洗浄が必要なもの
  • 布団やカーペット、バッグや靴など衣服以外のもの

当たり前ですが、衣服の状態が悪いものはクリーニングしてくれません。穴や破れがあったり、臭いがひどいもの、濡れているものなどですね。

それから水着や下着などデリケートな部分に直接接触する衣服も基本的にはクリーニング不可になっている場合が多いです。

それからクリーニングと言うのは基本的に洗濯表示通りに選択する規則があるので、洗濯表示タグが無かったり、切られているものはクリーニングできません。見栄えをよくするために切ってしまったりしないようにしましょう。

それ以外は宅配クリーニングの業務内容によって、洗浄できる素材や種類によって可否があります。

関連記事:宅配クリーニングの安全性とトラブル

宅配クリーニングはビジネスマン向き

一人暮らしや単身赴任のビジネスマンやキャリアウーマンは、クリーニングに持ち込む時間がないことが多いですよね。

せっかくの週末はゆっくり休みたいですし、平日は朝早くから仕事なのでクリーニング店に行く時間もなかなか取れません。店舗型のクリーニングでも早朝から営業しているところもありますが、わざわざいつもより朝早く出てまで行くのは億劫になります。

宅配クリーニングであれば、休日家に居ながらにして集荷してくれるので非常に手間が省けます。平日の夜でもコンビニに行けば発送はできるので、自分の都合のいい時に出せるメリットがあります。

スーツや作業着などは自宅で選択することができない場合が多いですし、クリーニングなら自宅の洗濯とは違って仕上がりも良くなりますからおすすめです。

宅配クリーニング業者の紹介動画を比較

宅配クリーニングを比較するときに初めての場合は不安材料が多いと思います。かといって公式サイトを隅々まで読むのも疲れますよね?

そんな時には利用方法や特徴をわかりやすく解説している公式動画を観ると視覚的にわかりやすいですよ。

対面ではない宅配クリーニングだからこそ、できるだけ不安を持たれないように動画や写真を多く使って訴求しています。

以下はカジタクの保管付き衣類クリーニングの利用方法や特徴を紹介した動画です。他の宅配クリーニングも流れは同じなのでイメージしやすいと思います。

宅配クリーニングの連絡先の確認をおすすめ

宅配クリーニングは対面する店舗型と違ってトラブルがあった時に直接言いに行くことができません。公式サイトからの問い合わせフォームやメールの返信などで連絡をすることになります。

ただ、クリーニングの仕上げに関しての相談やクレームなどは、衣服が返送されてから速やかに行わないといけないので、電話番号を控えておくことが大切です。

宅配クリーニングもその点は理解していて、事前の相談窓口として電話番号を開設しているところが多いです。洋服の種類の判別の相談や、お手入れ方法なども相談できたりします。

トラブルが起こってからでは遅いので事前に確認してきましょう。

関連記事:自宅近くのクリーニング店を探す方法

人気の宅配クリーニングはこちら